かもがわ総研

ex機械メーカー→商社→そしてその先へ。

Youtuber井上ジョーさんが教えてくれる日米文化の違い

アメリカで生まれ育った日系アメリカ人であるYoutuberの井上ジョーさんが好きで、毎回様々な知見が得られるので、ちょくちょく見ています。

 

ぼくはアメリカに住みたいとはこれっぽっちも思いませんが、仕事で英語は話さなければならないので、アメリカ人と仕事をするときにアメリカで失礼だとされるマナーや、アメリカではこんなことがあるらしいですねなどで話が広がるので、こういった動画はとても助かるわけです。


アメリカにいる日本人の日常会話モノマネ


アメリカの学校にいる日本人のタイプ(男子編)


外国人が不思議だと思う日本人の行動

とにかく下手に出て謙遜しまくるというのは日本人がDNAレベルでやってしまいがちなことみたいですね。

また次の動画でのアメリカ人と日本人との違いには本当に同意せざるを得ません。


アメリカで生まれ育った日本人の興味深い話。

アメリカ人と日本人とでは、話の聞き方が違うんです。文化の違いなのに、双方の文化を知らないばかりにあいつは失礼なやつだと感じさせてしまうのはもったいないですよね。

日本人は目上の人と話すときは、相槌を打ちまくって目もガッと開いて話聞いてますよと顔全体を使って伝える。一方でアメリカ人は静かに聞くので、目は座っているし腕は組んだままのことが多い。足も組んだままの方がリラックスして聞いていますよということでむしろ推奨されます。

f:id:keith627:20190420004038j:image

f:id:keith627:20190420004043j:image

f:id:keith627:20190420004056j:image

ジョブズオバマゲイツもみんな足組んでます。

ぼくはアメリカスタイルの聞き方の方がラクなので、海外の取引先と話す方が好きだったりします。もちろん日本式の聞き方もできますが、疲れが溜まるのでできればやりたくありません。笑

 

でもぼくが井上ジョーさんの動画の中で一番感銘を受けたのは、この動画です。


アメリカ人が人種差別の実態を語る

やっぱりなんやかんやアジア人がバカにされるというのは今でもあります。残念ながら。井上ジョーさんも子供の頃からアジア人というだけで白人からバカにされてきて悔しい思いをしてきたことを話しています。

小学校くらいの子供がする人種差別というのは、無垢な子供であるがゆえに力加減なしに人を傷つけたりしますからね。

そうした記憶が頭から離れないことで、アメリカで生まれ育ったネイティブであっても所詮はアジア人なんだと、自分がこの国では人種的にはマイノリティであることは常に意識していて家を一歩出た瞬間、なにかが常に起こりうるということを想定しているのだそうです。

正直この動画で彼が経験した差別は、見ていて胸糞悪くなりました。Youtubeではひょうきんなキャラで冗談ばかり言っているイメージがありますが、こんな辛い思いをしていたのかと。誰が言ったか、人生楽しそうにしているどんな人にもそれぞれの地獄があるということだと思います。

 

ぼくのこれまで出会ってきた帰国子女は大きく2パターンに分かれます。一つは、海外で暮らして得た語学力をバンバン生かして働きたいという人。もう一つは、もう海外になんて出たくない、国内企業で静かに働いていたいというパターンです。

商社の若手はほぼ前者、後者のパターンは商社には進まなかった大学の同級生に多かったです。

後者のパターンが生まれる要因は、一つは人種差別が影響していると思います。私の友達の話では、小学生のころに誕生日パーティを彼の家で開くことになりクラスメイトに誘いをかけたものの一人も集まらず、その後ショックで家に引きこもるようになってしまったということです。

そういう問題は日本に帰って来れば心配することはなくなります。日本では日本人がマジョリティですから。人種差別の不安から逃れたいという気持ちが強くなるのは想像に難くありません。

人種差別って、程度の差こそあれど残念ながらどこの国でもありますからね。ユダヤ人差別、アパルトヘイト、マーティンルーサーキングジュニアなどあげればキリがありませんが、ドルガバのCMが中国で炎上してディレクターが辞任に追い込まれた件では、やはり公の場で人種差別をするのはいけないという風潮になってきているのは喜ばしいことだと感じます。

とはいえ別の帰国子女の友達を見ていると、家族の仲がとても良いという傾向ははっきり見て取れます。海外で暮らしていた期間が長いほど家族で協力しなければ暮らしていけないため、自然と家族の結束が強くなるというのはありそうです。そういうところは素直に羨ましいなと思いますけどね。

 

いくつか動画をあげましたが、まだまだたくさんの動画が上がっていて、どれも勉強になるものばかりなので、英語を勉強したい人なら間違いなく学びのある内容なので、見てもらえたらと思います。

日本人は自分で自分の首を締めてるでという話

ときたまチェックしては、思わず膝を打つような知見を得ることができる場所としてBooks and Appsというサイトがあります。そこでこんな記事を見ました。

blog.tinect.jp

この記事の要旨としては、

日本の医療費は上がり続けていて、医療保険を存続させていくためには方法を変えなければならない。

→病気になってから治すよりも、そもそも病気にならない方がはるかに良いのでは?

→そのためには各々が健康に気をつけることが重要だが、人間は基本的に将来的に払わなければならないコストの計算が苦手。

→自分の健康をモニタリングすれば、健康の管理ができるようになる。

→みんなアップルウォッチを使うべきということなのですが、

 

今回はこの前置きのところの、医療費が上がり続けているというところにフォーカスしたいと思います。

親族の話で、昨年糖尿病が悪化して人工透析が必要な身体になってしまった人がいました。

その人は週3回、全身の血を入れ替えることになります。これを死ぬまで繰り返します。

糖尿病はそれ単体だけでなく、合併症を引き起こしやすいという点で非常に恐ろしい病気です。

f:id:keith627:20190417115820p:plain

透析患者数の推移

出典:https://docs.jsdt.or.jp/overview/file/2017/pdf/2.pdf

上記の図を見ると、1982年以降透析患者数は増加し続け、直近では30万人を超えています。年齢分布を見るとやはり高齢者が多く、60歳以上の割合が過半数を占めています。わずかですが若年層でも透析患者がいるというのは驚きです。

 

人工透析の一回あたりの月額コストはおよそ40万円と言われていますので、

一人当たりの年間コストは480万円です。

この費用は医療保険地方自治体の給付金の組み合わせにより、自己負担は最高1万円ほどになるため、実質ほぼ全額行政が負担することになります。

上記のグラフから人工透析の患者数はおよそ30万人ほどであるため、480万円x30万人=1兆4400億円になります。

日本の医療費は40兆円ほどなので、日本の全医療費の3.6%は人工透析が占めることになります。

 

3.6%というとまだまだ取るに足らない数字と思われるかもしれませんが、糖尿病の合併症は多岐に渡るので、糖尿病から派生する病気全体で見ると、注ぎ込まれる医療費はもう1桁増えるのではないかと思われます。

 

 このことから、病気はいったん発症してしまうと莫大な医療費がかかってしまうので、病気になる前に治す=病気を治す技術よりも健康的に過ごして予防する方が経済的ということになります。

国もそういう方向性を示さなかったばかりに、お医者さん側としてもどんどん増え続ける患者を見切れなくなって過重労働、自殺という悪循環に陥っています。

そもそもかゆいところに手が届くような商品が発売されたとしても、結局のところその場しのぎの応急処置に留まるもので、大元の問題が解決してなくない?というケースが多いです。

飲み好きの医師が教える上手に飲む方法とか指南されているけれども、健康のためにはそもそも飲まないことが一番なのでは?そこの解決をほったらかしにしても意味がないのでは?と思ってしまいます。

 

上の世代の人、とりわけバブル経済を経験した人は、絶頂期は今では考えられない生活をしていたらしい。毎日飲みまくって朝までディスコで踊ってそのまま出社して仕事ということを繰り返していたらしい。そら糖尿病にもなるわなと。

 

まあシニア世代だけでなく、社内飲みで、接待で、友達と、何かと理由をつけて飲みにいく人は実際多いです。

以前物件探しにいったときに担当の人は飲みにいくことが唯一の趣味で、飲みまくった結果激太りし、30代で糖尿病を発症したと言っていました。

ぼくはこういう人たちが健康を害するまで飲み続けた挙句病気になり、ぼくは風邪で年1回内科にかかるかどうかというくらいなのに、

連帯責任で年々高くなっていく医療費をみんなで平等に負担させられるんだなあとひどく荒んだ気持ちになりました。

社会人なら誰もが感じる、あの無駄な社内飲み、やめてくれないかなーっていつも思います。「給料からめっちゃ天引きされてるわー」って、それあんたらがアホみたいに飲んでることが遠因になってるねんでと言いたいです。

 

全国のフィットネスジムを国営にして無償開放したら医療費抑制に一役買うのではと思いますが、この案はあまり現実的ではありません。

ぼくの肌感としていまの30歳くらいから下の世代はお酒を飲まない人が多くなってきています。最近の大学のサークルの新歓コンパも居酒屋ではなく、カフェでやるそうです。

若手の社会人も、下戸の人はもちろん、飲める人も自分のオフタイムを大切にし社内飲みには消極的という人が多いです。

エニータイムとか暗闇フィットネスなどが浸透し、ジムに通う人も増えているので、

長い目で見ると生活習慣病になる人は減っていき、医療費も減少に転じる時が来るのかなと思います。

現状、1990年と比較して医療費は2倍になってるんですけどね(ヤバい)。

倉本聰のドラマやすらぎの刻を見て考えたこと

さて、いつの間にか新年度になりました。

4/8から倉本聰の新しいドラマ「やすらぎの刻(とき)~道」が始まっています。

www.tv-asahi.co.jp

おおまかに言うと、山梨の山村から満蒙開拓団に加わって敗戦の渦に巻き込まれ、数奇な運命を辿った機織り姉妹、という物語です。

 

満蒙開拓団というのは、1931年の満州事変(大日本帝国陸軍が中国の東北三省すなわち黒竜江省吉林省遼寧省を支配した事件)から1945年の太平洋戦争敗戦までの間に中国に現地の開拓のため送り込まれた日本国民のことを指します。

 

中国の東北三省+内モンゴル自治区という広大な土地を占領したはいいものの、そこを日本のために発展させていくためには地道に開拓していかなくてはならないので、国策上の「入植者」として27万人もの日本人が送り込まれました。

 

そして1945年に日本が敗戦する直前のタイミングでソ連満州に侵攻すると、余力のほとんどない日本軍は入植者を置き去りにして逃げ出します。その後入植者がどうなったかは想像に難くないと思います。

 

ソ連軍の虐殺から逃れるために、逃避行や難民生活の中で死亡した人は8万人にのぼりました。若い男性は戦争のために駆り出されていたため、亡くなったほとんどは老人、女性、子供だったそうです。

 

満州に取り残された日本人の犠牲者は、日ソ戦での死亡者も含めると24万5000人になり、この数字は東京大空襲沖縄戦、原爆投下の犠牲者数を上回ります。

 

もちろんこの中の多くは祖国へ無事に戻ることができたわけですが、日本へ戻ることができた人たちを「外地引揚者」と言いますが、実はこの外地引揚者は満州からだけではありません。

 

現ロシア領の樺太や台湾、朝鮮にも多くの日本人が滞在していました。敗戦時には軍人・民間人をすべて合わせると660万人が外地におり、うち500万人ほどが日本に戻ってきたと言われていますが、詳細な統計は存在しません。

 

この外地引揚者の中には、誰もが知っている各界の著名人も含まれており、私も調べながら驚きを禁じえませんでした。

 

満州

・小森重隆→経営者、富士フイルムHD会長

赤塚不二夫→漫画家

草野仁→俳優、タレント

・梅宮辰夫→俳優

板東英二→元プロ野球選手、タレント

山崎拓自民党代議士

・桑田久司→サザン桑田佳祐の父

樺太

せんだみつお→コメディアン

大鵬→第48代横綱

似鳥昭雄ニトリ社長

輪島功一→元ボクシング世界チャンピオン

◆朝鮮

五木寛之→作家

橋田壽賀子→脚本家

・小林千登勢→女優

満州以外の中国本土

三船敏郎→俳優

広河隆一→戦場カメラマン

 

いかがでしょうか。芸能界、財界、政界と幅広い分野で名を挙げた人たちが並んでいます。

私は富士フイルムHD会長である小森会長が遼寧省長春の生まれであることを彼の著書の中で知りました。自身が外地で生まれ、敗戦後に命からがら日本まで逃げてきたことがのちの人生観を形作ったと語っています。

 

 こうした外地引揚者をテーマにした小説はいくつかあります。最も有名なものが山崎豊子大地の子だと思います。大地の子に限らず、彼女の作品は戦争を通じて悲惨な人生を送った人の話が多いです。

大地の子 一 (文春文庫)

大地の子 一 (文春文庫)

 

 もう一つは、ワイルドソウルですね。こちらは戦後の極貧の環境下で口減らしのためブラジルに捨てられた日本人が地獄を経験し、日本に対して憎悪を燃やす子供が日本に対して復讐を誓うという話です。

 

ワイルド・ソウル 上 (新潮文庫)

ワイルド・ソウル 上 (新潮文庫)

 

 紹介していて、自分でもまた読みたくなってしまいました。

ONかOFFしかできないエンジンは耐久レースを勝ち抜けない

ブログ更新しないとなぁと思いながら、今週は月曜から風邪で倒れていました。

風邪なんて数年に一回引くかどうかのものだったのに、今回は最後に引いてから2ヶ月しか経っていませんでした。

症状も頭痛がひどく、スマホやパソコンの画面を見つめると余計に悪化するのでラインの返事もロクにできていませんでした。

部屋の明かりが妙にギラギラして眩しかったこともあり、部屋の電気は終日消して、ずっと考え事をしていました。

そうこうしているうちにあっという間に3日が経ちました。3日無駄にしてしまったという思いがあり、いまはとても落ち込んでいます。

 

昔から定期的に体調を崩して数日寝込むというのは、ぼくにとっては定例行事です。

体調を崩すというのは身体からのSOSのサインなのかもしれませんが、ぼくはゆっくりコツコツということができません。

気分が乗らないときはまったくやる気にならないし、ひとたびやる気になったらなったで、疲労がけっこうたまるまで走り続けてしまいます。まあADHDの症状ですよね。

ADHDは集中力にムラがあるので、次にいつ集中できるか分からないため、いま集中できているならその間に行けるところまで行っておきたいという気持ちが先行してしまします。

学生時代まではこれでもなんとかなっていました。だからこそ社会人になった今、とても生きづらいです。

そしてその結果、ド平日に徹夜してしまうということもザラにあります。気づいたら朝になっているということです。

無意識のこととはいえ、睡眠の負債は蓄積しますので、どこかで限界がきます。ぼくが毎年定期的に風邪を引くのはそういうタイミングなのかなと理解しています。

それなら限界を超えないようにほどよくセーブしたら?と思うのですが、ぼくという人間の最大の欠陥は、ほどほどにペースを刻むということができないことなのです。

 

28年もこのスペックで生きてくれば、逆に短期的な爆発力はすごいからいいじゃん自分好きと無理矢理ポジティブに考えられるのですが、最近になってもう一つ解決策を見出しました。

それが、環境を自分に合わせる・またはコツコツが得意な人に全振りする、です。

事務処理はエクセルで自動化しておくとか、雛形を作っておいて数字をぽんぽんとはめ込むだけとか、あらかじめ下ごしらえをしておいてサクッと終わるようにしておくとか、あとは年次が上がってくれば後輩に任せてしまうとかですかね。

それでも語学は日々の積み重ねが物を言うというのはぼくでも否定はできません。自分の経験から、机に向かってガリガリするよりも、外国語が話されている環境に自分をポーンと放り込むのが最も費用対効果が高い語学学習だと思います。

人も街も常に変化し続けるもの

題名に書いてしまうと本当に短い旅程組んでしまったなーと後悔してます。

中国杭州→マレーシアKL→ベトナムホーチミンのルートでぐるっと回ってきました。

杭州には中国銀行の口座の復活のため、KLは先乗りしている友人との合流のため、ホーチミンは個人的にずっと行ってみたかった土地のためという理由です。

回ってきましたといっても、今はまだホーチミンにいるんですけどね。今日深夜の便で帰国します。

こんな短い日程でなんで行こうと思ったんや。。と自分でも感じているところですが、やっぱり行きたいと思ったその時に行かなければという思いが勝ちました。鉄は熱いうちに打て、善は急げとも言えます。

 

今回の旅行のトップバッターで訪れた杭州は2回目になります。2年前の夏にも来たことがあり、41度の灼熱の炎天下の中をofoと滴滴出行で銀行口座開設(支店によってビザなしの外国人は開設できるかが異なるので)のため走り回っていました。

今となってはどうでしょうか。シェアバイクのofoはモバイクとの競争で疲弊し、杭州の街中では見る影もなくなりました。そして浦東空港から虹橋空港へ向かう連絡バスの中にはたくさんのアフリカ人たちの姿。僕の隣もアフリカ人女性。これも2年前には見られなかった景色だと思います。

平家物語諸行無常、この世の全てのものは絶えず変化していくものですが、中国においてはこの変化がことさらスピードが速いように感じます。行きたいと思った時に行かないと、次に行った時その街は自分が行きたかった街のままでいてくれるでしょうか。

転がる香港に苔は生えない (文春文庫)

転がる香港に苔は生えない (文春文庫)

 

星野博美さんが書いた「転がる香港に苔は生えない」という小説があります。「転がる岩に苔は生えない」ということわざをもじったものだと思いますが、1997年にイギリスから中国に香港が返還される前後に留学していた著者の経験を瑞々しい筆致で綴った作品です。

言うまでもなく返還前の香港には誰も戻ることはできません。時計の針はロレックスでも戻すことは叶いません。97年と言うと僕はまだ物心ついていなかった年齢でしたが、この小説を読んでからは、もしもっと早く生まれていたならと思わずにいられません。

 

思いったが吉日、すぐに行動するのがいいみたいです。

中国銀行の凍結口座を復活させてきた話

f:id:keith627:20190319125011j:image

以前中国の杭州中国銀行の口座を作り、アリペイを使用できるようにしましたが、それからしばらくアリペイを使用する機会がなくなってしまい、気付いた時にはアリペイが使えなくなっていました。

銀行口座の最後の利用から6ヶ月経過すると口座が凍結されるのです。タオバオって日本発送に対応していない商品が多いので、なんとなくめんどくさくなって放置してしまったらこのざまです。

再び中国は杭州へやってきました。中国銀行の支店へ。服务员に事情を説明すると店頭のタッチパネルディスプレイに案内され、銀行カードをスキャンしてくださいと言われるがままスキャンしてタップを数回行うと、凍結は解除されました。

一定期間使用しないと口座も電話も自動で凍結

あっけないくらい一瞬で解決してしまったのですが、問題はそこからでした。順を追って説明すると、

中国銀行の口座を開設するために中国の電話回線を契約していたのですが、SMSの受け取りのみの目的で契約したので、普段はWIFIでしか使用しておらず、4G通信を全く使うことなく一定期間が経過したところ、回線がストップしました。

回線がストップすると、電話料金の引き落としも止まるので中国銀行の残高の動きも止まります。すると中国銀行も一定期間(多分6ヶ月)取引がない場合凍結されることになっているそうです。雪崩式に問題が積み重なっていきました。

そして友人の電話で僕の凍結された番号に電話したところ、全く知らない人が出ました。人口の多い中国なので放置された番号は他の人のために回されるということです。

凍結番号が他人のものになると起こる問題

するとまた別の(これが最大の問題なのですが)問題が出てきて、

アリペイに紐付けた口座を再登録しようとしたところ、最初に登録した電話番号にSMSでPASSが送られるわけですが、

前述のようにもうその番号は他人のものになっているのでPASSを確認することができません。

そのため打ち手としては、携帯番号を変更して登録するか、既存のアリペイは放棄して新規にアカウントを取り直すかという選択肢になります。

どちらも完了までには時間がかかり、中国にいる間にできると思えなかったので、友人に任せることにしました。

この辺の進捗もまとまったらシェアしたいと思います。

 

ところで、アリペイがSMSで個人認証をしてくるならばと、これまで持っていなかった微信支付を登録することにしたのですが、こちらもSMSでの認証システムになっていました。

また残高の追加にクレジットカードが使えるようですが、僕が持っているカードでは登録できませんでした。どなたかカードで残高を追加している方がいらっしゃいましたらご教授頂けますと幸いです。

メルカリはやっぱり治安悪いっていう話

年明けからメルカリで大量の蔵書を処分しています。

昨年末に部屋の片付けをした際に、本棚にある単行本、文庫、新書(50冊いかないくらい)だけだと思っていた蔵書が、実はクローゼットに突っ込んでいたダンボールからも大量に出てきて結局150冊くらいに増えてしまったことが事の発端でした。

 

大事に持っていても、読まないどころか持っていることすら忘れているなら持っていても仕方がないと思い、深夜特急森見登美彦の文庫本など少数のお気に入りを除いて蔵書をさばくため毎日夜中まで出品する日々が続きました。

 

メルカリのほかラクマヤフオクも組み合わせて使いましたが、2月末までで大台の100冊を売りきりました。達成感もひとしおですね。

ただ100冊売るまでの道のりで思ったことは、ヤバい輩は普通にエンカウントするということです。

以前から噂には聞いていた値引き厨はザラにいましたし、日本語が通じない人も普通にいるんだなあと大変勉強になりました。

以前メルカリあるあるなどのまとめツイートでゲラゲラ笑わせてもらいましたが、ぼくもこの体験をもとにネタを提供させてもらえればと思います。

f:id:keith627:20190304205627j:image

じゃあそっちで買えば!?って感じですね。

 

ヤバいコメントは確認次第すぐに削除してしまいましたので、数少ないサンプルをあげるとするとこんな感じですね。

商品欄に値引き不可と記載していても、とりあえず値引き依頼やるだけやってみるか!というノリでコメントしてきます。

 

コメントはもう削除してしまいましたが、値引きを断った途端コメント欄でキレ散らかされたこともありました。

「理不尽な値下げ要請」のほかにもメルカリで困るのは、

・商品説明欄に買いていることをコメントで聞いてくる

・コメントで値下げ依頼してそのまま買わずにバックレる

・コンビニ払いで購入するも、結局支払いせずにキャンセルする(キャンセルできるようになるまでの期間、他の人買えません)

とかですかねえ。

 

まあそんなのちょっと考えればわかるやんっていう話なんですけどね。

どのくらいのクラスの人がいるのかということを身を以て感じることができました。

だいたいどのような人々がメルカリを利用しているのか、想像するのは難しいことではないと思います。

やはり品数ベースでもっとも取引されているのはファッションとコスメで間違いないと思います。

女性のおしゃれしたい、きれいになりたいという願望は消費力に顕著に現れていますね。

若い女性はモノは買いたいけれども、それほどお金はない(お金あったら新品買いに行きますからね)、

また子育て中のママさんなんかにも重宝されていると聞いたことがあります。

日々成長していく子供は短期間のうちにサイズが合わなくなってしまうので、いちいち買い足すのもコストがかかってしまう。

そこでどうせ数年しか着ないものであるなら、メルカリで同じような環境の主婦は大勢いるので安く手に入れてしまおうというわけです。そういうわけでベビー服もよく売れます。

 

そうした環境にあって、ぼくの主戦場の書籍はかなり厳しいです。どんな本でもたいていアマゾンに置いてあるため希少価値で差別化はしにくく、かつ価格が固定されているので安く手に入れることもできないからです。

ジャンル別でいうと、小説はまったくダメでした。文庫本はそもそも新品でも800円ほどなので最低出品価格の300円で売られている場合もザラです。

単行本はまったく同じ内容のものが文庫版で出されるので語るに及ばずです。

その中で唯一善戦していたのはビジネス書でした。ビジネス書は平均価格が1500円ほどとやや高く、話題書などは定価に近い価格でも売れていきました。

もっと詳しい分析はおいおいやっていきたいと思います。