かもがわ総研

ex機械メーカー→商社で勤務。読書感想や日常で気づいたことやを綴っています。タイトルのかもがわは、京都の鴨川のことです。

JBLのワイヤレスイヤホンに買い換えたらめっちゃ便利だった件

先日渋谷の飲み会で酔っぱらい過ぎて、取手駅で駅員に起こされて目が覚めました。

 

記憶はもちろん、いろんな持ち物をなくしており、特に痛かったのはiPhone8用のイヤホンでした。

 

元々BOSEのQuiet Comfort(ノイズキャンセリング)を使っており、これが故障で
使えなくなり、iPhone8付属のイヤホンを使っていました。

 

これがなくなると出先で音楽やYoutubeを見られなくなるので生活インフラをシャットダウンされた状態が続きました。


いろいろなブログを見ている中で、JBLのワイヤレスにすることにしました。

 

音質はBOSEの方が上だと思っていますが、JBLも音響機器では世界的に有名なハーマンインターナショナル(サムスン傘下)のブランドなので期待できると思いました。

 

購入2日目、電車の中でペアリングしていないのにYoutubeでレペゼン地球の動画を爆音で流してしまい、大恥をかきました。(ワイヤレスイヤホンユーザーは誰もが通る道だと思っています。)

 

とはいえ、使いだして慣れてくるとワイヤレスの良さがわかってきました。

 

・コードが短くなってスッキリ
従来の1.0m以上あるコードが30cmくらいになり、首にひっかけるような感じになります。


そうなるとコードを収納時に結んだりする必要がなくなり、バッグのなかで絡まることもなくなるわけです。

 

また通勤電車の中でも便利になります。コードが他の乗客に引っ掛かって気まずくなってしまった経験や、リュックを前面にかけて電車に乗っていて、降車時に背負いなおす際にコードが引っかかったりして面倒くさいなあと思った経験、ありませんか?
コードが短くなるとそういう煩わしさからも解放されます。

 

Bluetoothは15mくらい離れてもつながる
スマホとコードが繋がっている必要がなくなるので、ランニングの時もコードが腕などにぺちぺち当たることがなくなるのもメリットですね。スマホはポケットに入れっぱなしでランニングにより集中できるようになります。

 

あと、ぼくはけっこう忘れっぽいので車から降りるときとか、カフェから出る時などに聞いている音楽が切れたらスマホを忘れてるということが分かるようになりました。(これは人による?)

 

いいこと尽くしのワイヤレスイヤホンですが、唯一の泣き所がバッテリーですかね。従来のイヤホンでは気にする必要のなかったことがワイヤレスになると死活問題になってきます。

 

フル充電で6時間の再生が可能ですが、ついつい充電を忘れてしまうと聞けなくなっ
てしまうので、そこだけは注意ですね。


価格については3,000円(アマゾンさん)前後なので、上記に挙げた視点で比較するとコスパはいいと思います。